資産価値の高い金貨

銀行預金に対する利息がほとんどつかない現在では、資産を現金ではなく価値の下がりにくい物に変えて所持している方が良いと言われるようになりました。現金で持っているメリットはほとんどなく、比較的安全に運用できると言われていた国債も、マイナス金利の影響を受け持っていてもほとんど意味のないものになってしまいました。個人年金などの保険商品もありますが、今は運用が難しいので増やすのは難しいです。では、どのような資産を持っているといいのでしょうか。

優良な資産として知られているのは、不動産や金などです。不動産はそれ自体に価値があるだけでなく、家賃収入などの不労所得を得ることができるため人気があります。一方で何かしらの影響で価値が下がってしまうこともあります。災害などの影響で建物が壊れてしまったり、その地域に人がいなくなってしまったりすれば、収入どころか何の価値もなくなってしまうというリスクもあります。金はそれ自体に価値がなくなるということはありません。貴金属だけでなく電子機器などにも使われ、価値が上がることはあっても大きく下がることはないと言われています。ハイリスクハイリターンな資産が不動産、安定した資産が金と考えても良いでしょう。

金の中でも、ただのゴールドバーよりも金貨の方が将来価値が高くなる可能性が高いです。特に希少価値の高いものであれば、まず損をするということはありません。どのような金貨に価値があるのか、どのように購入したらいいかについて説明します。